弁護士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

自己破産

多重債務で返済しきれなくなり自己破産の手続をした…という話を耳にすることがあります。この自己破産とはどのような制度なのでしょうか。

自己破産とは

自己破産は、債務超過の状態に陥った人が、裁判所に借金がどうしても返済できないことを申立て、生活に必要なものを除く自己の財産を失う(処分可能な財産をすべて処分して債権者に分配する)代わりに、その時点でのすべての債務が免除され、破産宣告以後に得た収入や財産はもはや債務の弁済に充てずに自由に使えるようにすることによって、新しい人生をスタートさせるチャンスを与えようという制度です。

(手続きの流れ)自己破産の申立て→(破産審尋)→破産宣告・(処分すべき財産がない場合)同時廃止→(免責審尋)→免責決定→免責確定

自己破産をした場合のデメリットはなんでしょうか。もし不動産などの資産を持っていて、そこで事業を行っていたような場合には、その不動産を失うことによって、職を失ったりする場合があります(事業を存続したまま立ち直りを図りたい場合は、民事再生のほうが適しているでしょう)。また、一旦免責が確定したら、その後7年間は自己破産ができません。自己破産後7年程度、クレジットカードを作ったりローンを組んだりはできなくなります。

そのほか、引越しや長期の旅行に裁判所の許可が要ることや、官報・破産者名簿の記載、一部の資格に制限が加えられるなどもデメリットですが、通常の生活を営む上で大きな支障になることはほとんどないといえるでしょう。

弁護士に依頼するメリット

この手続は、自分で行うことも可能ですが、弁護士に頼むことには一定のメリットがあります。まず、弁護士の着任通知が債権者に届くと、督促がストップすることでしょう。続々と届く督促に悩まされる多重債務者にとっては大きなメリットといえるでしょう。また、自分で作成したら時間もかかり、間違いも多くて何度も書き直さなければいけない書類が、弁護士に頼めばすぐにきちんとしたものを作成できます。手続の一部が省略されるので、早く進行するのもメリットになります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.