弁護士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

任意整理

任意整理とは

任意整理とは、裁判所を通して行う手続を用いず、債権者との交渉により、負債の減額や利息の低減(分割にしても利息を支払わなくてよくなることも多い)、より返済しやすい返済方法(期間)への変更などを決め、和解を求めていく手続をいいます。

しかし、債権者にはこの交渉に応じなければならない義務はありませんので、債務者本人が交渉しようとしても応じてもらえないことが多く、弁護士や認定司法書士などの法律家に依頼して行うのが通常です。

自己破産(免責)のように、「もう払わなくてよくなる」わけではなく、あくまでも負債額を圧縮し、返済しやすくするということです。そのため、任意整理後の返済額であれば、月々支払っていき、おおむね3年(~5年)で完済できる見込みがあることが任意整理が適しているかどうかの目安となります。

任意整理をするメリット

任意整理をするメリットは、高い金利で借りているお金を、利息制限法に沿った利息で引きなおして、全体の返済額を減らすことができる点が挙げられます。高い金利で長期間返済を続けた結果、過払い金が発生していれば、借金がなくなるだけでなく、払いすぎたお金を返還してもらうことができる場合もあります。また、債権者に一律に受任通知をしなければならない自己破産手続や民事再生手続と違って、債権者を選んで交渉することができるのもメリットです。それにより、ローンが残っている自動車の引きあげを防いだり、保証人がいる負債について、その保証人に一括で請求が行くのを防いだりすることができます。

弁護士(司法書士)から受任通知が送られたら督促が止まるのは自己破産の場合と同じです。また、ブラックリストに載ってしまうために、その後5~7年ほどはクレジットカードを作ったり、新しい借り入れができなくなったりするのも自己破産同様です。

ただ、裁判所を通して手続をするわけではないので、官報や破産者名簿に掲載されるということは回避することができます。資格に対する制限もかかりません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.