弁護士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

いい弁護士の見つけ方

法的紛争に直面したときに、「既に知っているいい弁護士がいる」という方は少数派でしょう。そうなったときに慌てて「いい弁護士はいないか」と探し始める方がほとんどではないでしょうか。

多くの人は、まず知り合いのつてを探してみるでしょう。知り合いのつてであれば前もって評判を聞くこともでき、きちんとした仕事を期待できることからよい方法であるといえます。弁護士の側でも、紹介であれば仕事を請けやすくなります。

専門性

弁護士としてどんな事件についても一通りのことはできるのが前提ですが、やはりどうしても得意不得意という問題や、経験の差などがあり、ある分野では手腕を発揮したけれども、別な分野は必ずしも得意ではない…という場合もあります。医療過誤や知的財産法など専門的な知識を要する事件もあります。

相性

また、人と人との関係ですから、相性という問題もあるでしょう。それらの点に不安があれば、いきなり依頼するのではなく、まずは相談という形で接触して、自分が依頼しようとしていることについて十分な知識や経験を有し、あるいは熱意を持っているか、自分との相性はどうかということを確認してみるとよいでしょう。

どうしても合わないと感じた場合には、他の弁護士に相談して、より適した人物を見つける工夫も必要かもしれません。ただし、紹介者がいる場合、相談はしたけれど依頼はしないのであれば、紹介者に対して弁護士に対しても一定の配慮を要するでしょう。

なお、弁護士を渡り歩いてよいのは「相談」の時点までです。一旦着手(事件の処理を開始)してから他の弁護士にも相談するというのは避けるべきです。「セカンドオピニオン」を聞きたいと思う場合もあるかもしれませんが、依頼した弁護士がよほど不適な行動をする場合以外は、その弁護士を信頼して指示に従っていくほうが賢明です。

どうしてもつてがない場合はどうしたらよいでしょうか。いわゆる「飛び込み」での依頼は、受任しない弁護士も多いものです。その場合、地域の弁護士会や自治体で行っている法律相談で相談し、自分が抱えている法的紛争の内容を説明した上で、適切な弁護士を紹介してもらうとよいでしょう。

紛争の解決までには長い時間がかかる場合があります。その場合、弁護士との付き合いも長くなりますから、信頼関係を築くことが重要です。弁護士には守秘義務がありますから、自分にとって不都合なことも隠しだてせず伝えましょう。自分が抱える問題を正確に理解してもらうことが、よりよい結果につながります。伝えていなかったこと(隠していたこと)に重要な事実が含まれていた場合、対策が後手に回って裁判や交渉上不利な立場になるだけでなく、弁護士との信頼関係も破壊されます。

いい弁護士を探すのと同じくらいの熱心さで、いい依頼者であるよう心がけることで、弁護士にいい仕事をさせることができるかもしれません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.