弁護士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

顧問弁護士(こもんべんごし)

顧問弁護士とは、継続的な法律相談や法的助言を行うことを目的として企業と契約している弁護士のことを指します。

日常的に企業との接点を持ちその企業の情報を蓄積できるため、トラブルの際にはより迅速な解決が期待できます。社会が複雑化し多様化している現在、企業、個人を問わず日常的にさまざまなトラブルが発生します。それらのうち法的なトラブルに関しては弁護士がその解決にあたります。

企業活動において起きることの多い法律トラブルについては、常日頃からその企業の実情を把握している弁護士に解決を依頼することで迅速かつ適切な対応をすることが出来ます。法務専門の部署を設けその人材にかかるコストが、経営を圧迫しかねない中小零細企業などでは弁護士事務所と顧問契約を結ぶところが多くなっています。

企業規模、提供する業務の範囲などは弁護士事務所によって異なっていますので、契約の際には顧問料に含まれる業務内容の範囲などを十分確認しておくことが必要です。

いざ法的トラブルが発生し解決を依頼する時、その業務内容が顧問契約に含まれない場合には、顧問弁護士ではない一般の弁護士事務所に依頼するのと同じように着手金、報酬、日当、費用などが必要になり、また顧問契約をしていても事業所を離れた場所における業務の際、日当、交通費、宿泊費など一般的には顧問料に含まれていない費用も別途必要となります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.