弁護士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

日弁連(日本弁護士連合会)(にちべんれん)

日弁連とは、戦後日本国憲法の制定に伴い司法制度改革が行われ、昭和24年に誕生した弁護士法に基づいて全国の弁護士会と個々の弁護士、外国法弁護士などで構成されている法人組織です。

弁護士法第45条では、全国の弁護士会は、日本弁護士連合会を設立しなければならないとされ、その目的は弁護士及び弁護士法人の使命や職務の遂行にあたる際の、弁護士としての品位や事務の改善進歩のため、弁護士、弁護士法人、またその所属する弁護士会の指導や連絡及び監督に関する事務を行うものとされています。

司法試験に合格し司法研修所における司法修習生考試に合格した弁護士の有資格者であっても日弁連に備えられている弁護士名簿に登録しなければ弁護士と名乗れません。弁護士名簿に登録されると同時に日弁連に入会することになり、単位弁護士会を通じて日弁連の運営費に使われる会費や特別会費などの納入が必要です。

日弁連は弁護士の登録、資格審査、懲戒にいたるまで弁護士の身分に関する業務は勿論のこと、人権擁護のためのさまざまな活動や各種の法改正に関する調査研究なども行っています。また、弁護士の偏在問題については、徴収する特別会費で「ひまわり基金」をつくり、すべての地方裁判所支部の管轄区域に法律相談センターの設置や、司法過疎地域において独立開業する弁護士に対する支援なども行っています。 

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.