弁護士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

手数料(てすうりょう)

手数料とは、契約書、遺言書、任意後見契約書など当事者間に実質的な争いの無い場合、その事務的な手続きを依頼するにあたって支払う費用です。ほかに会社設立や遺言執行、内容証明の作成事務などもこの手数料にあたります。また、弁護士は司法書士・行政書士が行う各種法務書類の作成業務及び登記・登録代行業務などについても行うことができ、これらの業務に関する費用も手数料にあたります。

簡易な内容(定型)の遺言書作成などでは10~20万円(消費税別)程度から、また内容が複雑(非定型)である場合には概ね20万円~依頼者と相談して決定することが多くなっています。契約書などについても定型的なものと非定型的なもので料金を分けることが多いようです。しかしすべての法的手続きが弁護士を介さなければ出来ないものではありません。

法テラスなど公共の機関で取り敢えず相談をし、弁護士を介さなくても個人で出来る手続きであれば、相当な手間と時間はかかりますが公証役場に直接出向き公正証書の作成を依頼することも可能です。また必要な費用も公証人に支払う手数料のみで弁護士に依頼することと比較すれば格段に少なくて済みます。ただ忙しくて手続きのための時間が取れない人や、手間を惜しむ人は弁護士に依頼するほうが得策かも知れません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.