弁護士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

企業内弁護士(きぎょうないべんごし)

企業内弁護士とは、企業の従業員、使用人、役員として弁護士業務を含んだ業務に従事する弁護士の事を指します。

国内の企業内弁護士については、企業の規模や業種あるいは所属する部署や与えられている権限などによって業務の内容は大きく異なっています。知的財産に関わる業務、訴訟管理業務、コンプライアンス策定・実施・管理に至る業務、或いは法律知識だけでなく企業の現場でその専門領域にも深くかかわる業務を行うこともあり、平均して若い年齢層の弁護士が多いという特徴があります。

一方外資系企業の企業内弁護士については弁護士経験年数が比較的長く、相当程度の英語力と英米法の知識、能力を有していることが条件となるため、若年層よりシニア層の弁護士が多くなっています。また、弁護士が行わなければならない業務量がそれほど多くない企業やフルタイムでの採用が困難である企業、或いは一時的に法務部門を強化する必要のある企業などでは、日数や期間を決め外部の法律事務所に所属する弁護士に執務を依頼することがあります。

この形態で執務をする弁護士を非常勤の企業内弁護士とよび従来は営業許可制がとられていましたが、現在は届出制となっています。しかし非常勤の企業内弁護士として執務する場合においては、弁護士法との関係や労働者派遣法に抵触しないよう留意する必要があります。ちなみに企業内弁護士は製造、金融、保険、情報、通信などの業種で多くなっています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.