弁護士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

地方裁判所(ちほうさいばんしょ)

地方裁判所とは、他の裁判所が第一審専属管轄権を持つ特別なものを除いて、原則的に第一審事件のすべてを裁判することができる裁判所です。

各都府県庁所在地に1ヶ所、また北海道は札幌・函館・旭川・釧路の各市に1ヶ所の計50ヶ所あり、各裁判所にはそれぞれ支部が設けられ、その数は全国に203ヶ所で本庁を含めると253ヶ所となっています。

地方裁判所の事件は、単独裁判官又は原則として3人の裁判官からなる合議体のどちらかで取り扱われ、殆どの事件については単独裁判官によって行われますが、合議体による裁判を必要とする事件もあります。また地方裁判所が扱う事件は、訴訟額が140万円を超えるものなどの請求に関する訴訟、内乱罪・内乱等幇助(これらは高等裁判所が第一審となります)や罰金以下の刑にあたる罪に関する訴訟以外の刑事訴訟、簡易裁判所における民事の判決に対する控訴(刑事の判決に対する控訴は高等裁判所の管轄になります)や命令に対する抗告事件、その他民事の強制執行や破産手続、会社更生法手続などです。

地方裁判所は判事(その内の1名は最高裁判所に任命され所長としてその任にあたります)、判事補、裁判所の発する文書の送達やその他の事務を行う独立の司法機関として機能する執行官、民事調停法に規定される調停を行う民事調停員などで構成され、その他庶務などに従事する職員を配した事務局が置かれています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.