弁護士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

最高裁判所(さいこうさいばんしょ)

最高裁判所とは、憲法第76条に基づいて設置された唯一の裁判所であり、裁判所法第6条に最高裁判所はこれを東京都に置くとされています。

最高裁判所長官及び14人の最高裁判所判事によって構成されており、長官については内閣の指名に基づいて天皇によって任命され、14人の判事は内閣によって任命され、天皇の認証を受けます。最高裁は上告及び訴訟法において特に定められた抗告について裁判権を持つほか,人事官の弾劾に関する裁判について,第一審かつ終審としての裁判権を持ち、わが国最高の裁判所としての司法裁判権が与えられています。

また、司法権の完全な独立を守るために、訴訟に関する手続、弁護士、裁判所の内部規律及び司法事務処理に関する事項にかかる規則を制定できる規則制定権、下級裁判所の裁判官の指名、裁判官以外の裁判所職員の任命・補職、裁判所に関する予算編成への関与とその実施等の司法行政権が憲法によって与えられています。

これらの権限を行使するため最高裁判所には付属機関として、裁判官会議を補佐し議決に基づいて行われる司法行政事務、裁判事務、庶務に携わる「事務総局」、裁判所法14条に基づいて設置され、裁判官の研究・修養、司法修習生の修習を担う「司法研修所」、裁判官以外の裁判所職員に対し、執務に必要な知識・技能・技法を習得させ人格や識見を向上させるための研修を担う「裁判所職員総合研修所」、全国の裁判所に対し裁判に必要な資料を提供し、国立国会図書館の支部図書館として司法部門に図書館奉仕を行う法律専門図書館である「最高裁判所図書館」があります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.