弁護士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

棄却(ききゃく)

棄却とは、一般的には要求を退けることですが法律用語として使用される場合の棄却については、民事訴訟と刑事訴訟とでその意味内容が異なっています。

裁判所に民事訴訟を提起し判決を求める当事者(原告)の訴えや、原告の相手方(被告)がその民事訴訟の提起に対して起こす反訴、或いは控訴・上告と呼ばれる上訴において不服の主張の全部又は一部を理由が無いとして退けることを民事訴訟においては棄却とよび、判決を求める訴えや反訴が棄却される判決を請求棄却判決、上訴が棄却される判決は上訴棄却判決と呼ばれます。

棄却判決は権利及び義務の存否を確認し、不服に理由が無いことを確認する判決です。また民事訴訟では形式的な要件を備えていないものを不適法として実質審議に入らないことがありこれは却下といいます。

刑事訴訟においては、不服の申し立てが法令上の方式に違反がある、または上訴権の消滅した後にされた上訴であることが明らかである、期間内に上訴の趣意書が提出されないなど要件が備わらない場合であっても民事のように却下とは呼ばず、控訴棄却、上告棄却と呼んでいます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.