弁護士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

離婚届(りこんとどけ)

離婚届とは、法律上結婚した男女が生存中にその婚姻関係を解消したこと(離婚)を行政に届け出る手続きの事を指し、婚姻関係を始める婚姻届と完全なる対極に位置する届です。

協議離婚については双方が合意し届け出ることで離婚が成立するため、双方に離婚の意思があればいつでも届け出ることが出来ます。調停離婚、裁判離婚の場合はその調停、裁判を申し立てた人が調停離婚については調停の調書の謄本、裁判離婚については裁判判決の謄本及び確定証明書を離婚届と一緒に提出する必要があります。

どちらも離婚の成立又は確定日から10日以内に本籍地或いは住所地(住所地が本籍地と異なる場合は戸籍謄本が必要です)の市区町村役場に届出ることとされており、離婚する夫婦に未成年の子供がいる時は、夫婦の協議でそのいずれか一方を親権者と定め、離婚届書に記載して届出しなければなりません。

また民法第767条には婚姻したときに氏が変わった人は離婚によって婚姻前の氏に戻さなければならないとされていますが、「離婚の際に称していた氏を称する届」(戸籍法第77条の2の届)を離婚の日から3ヶ月以内に提出すれば離婚による氏の変更は不必要となります。ただこの届出をした後、婚姻前の氏に戻るためには家庭裁判所の許可が必要となります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.