弁護士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

過払い/過払い金(かばらいきん)

過払い金とは、債務者が利息制限法を超える金利を支払っていた場合に利息制限法の適正利率で計算し、適正な元利金を超えて支払いすぎたとみなされる金額のことを指します。

貸金業者の多くはこの利息制限法によらず金利上限29.2%とされている出資法を根拠として貸金業務を行っており、29.2%を超えない限り設定金利に対する罰則は設けられていません。貸金業者から出資法を根拠とした金利でお金を借りた場合、その元本10万円未満については年20%まで、10万円以上100万円未満は年18%まで、100万円以上は年15%までと定められた利息制限法によって計算し直し任意には支払う必要のなかった金額を算出し、債権者(貸金業者)に対して法律上の原因がないにも拘らず利益を得る不当利得であるとして返還の請求を行うことが出来ます。

長期間に亘って返済を続けている場合は特に多額の過払い金が発生している可能性が高く、債務が消滅するだけでなく貸金業者の請求のまま疑問を感じずに支払い続けた利息が返ってくるケースも多くなっています。過払い金については、弁護士・司法書士など専門家に依頼すれば貸金のプロを相手に直接交渉をする必要もなく、法律のプロが間違いなく計算し然るべき手続をしてくれます。弁護士費用を惜しんで支払う必要のない利息支払を続ける愚は避けるべきでしょう。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.