弁護士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

借金(しゃっきん)

借金とは、表記の通りお金を借りることで会社や個人が金利を得ることを目的としている金融機関からローンやキャッシングと呼ばれる融資を受けることを指しています。

借りる側を債務者貸す側を債権者といい、事業の関係では事業の運転資金、事業用の資産購入、他社の株式購入などに充てられることが多く、個人の関係では住宅購入(住宅ローン)、自動車購入(カーローン)、入学金・学費(教育ローン)、事故・急病などによる生活費の補填、高額商品の購入、旅行、金利の低い借金への借り替えなどがあります。

保証人や担保を必要とする借金から、身分証明書さえあれば簡単に借金が出来るカードローンまで借り方は千差万別です。返済能力の審査もなく簡単に借金できるため債務を負うという認識が薄く気軽に借金し、返せない借金のためにより多額の借金をする悪循環で多重債務に陥る人も少なくありません。

可能な限り自助努力をした末に選択肢がなくなりやむなく借金をする人もいますが、自らの生活レベルや返済能力を無視した高額商品の購入やレジャー、ギャンブルに費やしてしまう人も少なくないようです。またクレジットカードが銀行残高に余裕のある人のステイタスとされた時代がありましたが、現在はお金がないからカードを使い支払いを先延ばしする、すなわち借金のアイテムとして機能することが多くなっています。「身の丈にあった生活をする」使い古されたこの言葉の意味をもう一度良く噛みしめることが必要な時代になっているのかもしれません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.