弁護士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

割印(わりいん)

割印とは、二つの書類の関連性を裏付けるため二つの書類にまたがって一つの印章を押印する事を指します。

交付する書類とその交付を登録する帳簿とにする割印や、領収書の発行控と相手方に渡す領収書とにする割印などが多く用いられています。この割印や捺印の場所については何の制限もありませんが、字などで陰影の確認に支障があるような場所に押印することは避けるべきでしょう。

よく割印と間違って使われることが多いものに、複数枚に亘る契約書などでその綴じ部分の両ページにまたがって一つの印章を押印することがあります。この契約書の見開きの両ページに押印される印章は割印ではなく契印と呼びます。

契印の場合は複数枚全て両ページの見開きに押印する必要があり、署名・捺印をする人が複数名の場合にはその全員が契印を押印しなければなりません。また、一部だけ作成して相手方に渡してしまう差入式の書類などの場合、後になって余白部分に当事者の承知していない文章が書かれることを防ぐため「以下余白」「以下白紙」などと書きますが、その代わりに印章の押印をすることがありこれを止め印といいます。

他に、契約書などに収入印紙を貼った場合は収入印紙と契約書の用紙にまたがって押印することがありますがこれは消印と呼ばれます。また、書類の訂正を承認しますという意味を持つ捨印については、訂正の範囲や限度について限定されていないため当事者が承諾していない内容に書き換えられたりした場合でも、事前承認がなされているとみなされ悪意を持つ相手に対しても抗弁することは出来なくなります。委任状などについては絶対に捨印を押さないようにしたいものです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.