弁護士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

約款(やっかん)

約款とは、多数の取引先と同一内容の契約を結ぶ場合その契約内容についてあらかじめ定型的に作成してある契約条項の事を指します。

同一契約を大量かつ迅速に処理するという観点から見れば非常に便利なものですが、契約の当事者が約款を隅から隅まで読み納得して契約しているかといえば、大部分の人が契約した後に担当者から「約款です。読んでおいて下さいね」と約款を渡され、その文章の読みにくさとその文字量と文字の小ささに読み進むことを断念することが殆どではないでしょうか。

ただ約款は契約内容そのものであり「読まなかった」「知らなかった」では済まない予期しない不利益を被る事があります。中でも免責事項、解約条項、違約金条項などについては約款を読むことが前提となっているため当事者が契約の際に質問しない限り、こと細かな説明を受けることはまずありません。しかもトラブルの際には「約款にちゃんと書いてあります」という一方的な決着になってしまうことが多いようです。

身近な例としてホテル・旅館の宿泊予約をキャンセルする場合などのキャンセル料の割合も約款で定めている施設もあります。このように生活の様々な場面で約款による契約が行われていますが、利用者の全てがその行為自体が約款で取り決められた契約に基づいて行われている行為であることを認識しているとは限りません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.