弁護士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

推定相続人(すいていそうぞくにん)

推定相続人とは、被相続人が死亡し相続が開始されたとき相続人になるであろう人を指します。

推定となっているのは実際に相続が開始するまでに推定相続人の死亡や廃除(遺留分の相続権を喪失させること)が無いとはいえず、相続人に変動が考えられるためです。被相続人の配偶者は常に相続人となり、被相続人に子又は胎児がある場合は配偶者と同順位で相続人となり、子が相続の開始以前に死亡しているときや子に相続人の欠格事由や廃除により相続権を有していない場合にはその子(被相続人の孫)が代襲して相続人となります。

被相続人に子がいない場合は被相続人の直系尊属が相続人となり、親等の異なるときは親等の近い者を先にし、その次が被相続人の兄弟姉妹となり、この兄弟姉妹が相続の開始以前に死亡している時はその兄弟姉妹の子(被相続人の甥・姪)が相続人となります。

また、前述の相続人の欠格事由は、(1)故意に被相続人又は相続について先順位や同順位の者を死亡させたり、死亡させようとしたため刑に処せられた者、(2)是非の弁別ができない者である場合などを除いて、被相続人が殺害されたことを知ってこれを告発せず又は告訴しなかった者、(3)詐欺又は脅迫によって被相続人が相続に関する遺言をし、撤回し、取り消し、又は変更することを妨げた者、(4)詐欺又は脅迫によって被相続人に相続に関する遺言をさせ撤回させ、取り消させ、又は変更させた者(5)相続に関する被相続人の遺言書を偽造、変造、破棄、隠匿した者、と定められています。

なお遺留分を有する推定相続人が被相続人に対して虐待や重大な侮辱を加えたとき、又は推定相続人にその他の著しい非行があったとき被相続人はその推定相続人の廃除を家庭裁判所に請求することができ、遺言に推定相続人廃除の意思が表示されているとき、遺言執行者はその遺言が効力を生じた後遅滞無くその推定相続人の廃除を家庭裁判所に請求しなければなりません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.