弁護士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

相続財産(そうぞくざいさん)

相続財産とは、相続の開始(被相続人の死亡)によって相続人に受け継がれる財産を指します。

土地・建物・現金・預金・手形・小切手・株などのプラスの財産とローン・損害金などマイナスの財産もこの相続財産に含まれます。遺産分割協議を行う前にまず相続される財産の確定をする必要があり、ゴルフ会員権などで名義人の死亡によって権利が消滅するものや、年金の受給権、相続税の計算では相続財産とみなされている生命保険金や死亡退職金などは本来相続財産にはあたらないので注意が必要です。

預貯金、債権、有価証券などの調査は、金融機関から被相続人の死亡日の残高証明書の発行を依頼しますが、その際口座名義人の死亡、照会者が口座名義人の相続人であることを確認できる戸籍謄本等や身分を証明できる書類等を準備しておく必要があります。

被相続人が不動産を所有していた場合はその所有物件をもれなく調べなければなりません。権利証(登記済証)があれば法務局で当該不動産の全部事項証明書の登記簿謄本を取り寄せますが未登記のものについては確認できないため、それらについては当該不動産の所在地の市町村役場で固定資産税評価証明書などによって調査し、借金などマイナスの財産や相続の開始前3年以内に行われた贈与についても同様に調査します。

前述の各調査が完了すれば不動産について国税庁によって定められた一定の評価方式に基づいてその価額を算出して相続財産が確定します。この調査の段階で遺漏があれば修正後に再び遺産分割協議を行うことになりますので慎重な調査が必要となります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.