弁護士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

損害賠償(そんがいばいしょう)

損害賠償とは、債務不履行や不法行為などが原因となって発生した損害についてその原因を作った者がその損害を補填する事を指します。

交通事故については民法第709条と自賠責法第3条に損害賠償にかかる規定が定められています。事故を起こした自動車の運転者、事業に供する自動車による事故では事故を起こした運転者の使用者、自動車の所有者その他自動車を使用する権利を有し自己のために自動車を運行の用に供する保有者にも賠償義務が生じます。

また事故の加害者が事故によって死亡しているときは加害者の相続人が損害賠償の義務を負うことになり、物損事故では損害を与えた車両や建造物などの損害の賠償や休業損害の賠償、人身事故では被害者が事故のために出費を余儀なくされた治療費・入院費・入院雑費・付添看護費・文書料・交通費・装具や器具の購入費・後遺障害により介護が必要になった場合の介護費・働く能力低下による逸失利益・家の改装や自動車の改造などが必要な場合はその費用、基礎収入に休業期間を乗じた休業損害の賠償、被害者の精神的な苦痛に対する慰謝料などとなります。

また、不幸にして交通事故の被害者が事故により死亡した場合、もしその人が生きていれば得ることができる所得の補償金である逸失利益補償金が加算されますが、加害者が遺族に支払う損害賠償金は相続税の対象とはならず遺族の所得になります。ただこの損害賠償金には所得税法の非課税規定(所得税法第9条)によって所得税は課されません。

なお、事故の被害者が生存中に損害賠償金を受け取ることに決まっていたが受け取らないうちに死亡してしまった場合には、その損害賠償金を受け取る権利すなわち債権が相続財産となり相続税の対象となります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.