弁護士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

物損事故(ぶっそんじこ)

物損事故とは、交通事故のうち人間の身体・生命が脅かされるものでなく、車や建物などが損害を受ける事故を指します。

車同士の事故の場合は過失割合に応じて負担しますが、建物や道路の設備等を損壊した場合は全額負担する必要があります。物損事故の損害賠償については自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)の適用が認められていないため、加害者又は加害者の加入する任意保険によって損害賠償を行います。

物損事故の損害賠償は積極損害として修理費・評価損・代車使用料・買い替え手数料があり、消極損害として休業損害があります。積極損害の修理費については修理工場の見積りと請求書をもとに実費が認められており、修理費が中古市場における評価額(時価)を超える場合は全損(買い替え)扱いとなり、修理の際作業工賃は全額認められますが部品交換や塗装については事故で破損した箇所のみ認められます。

評価損は事故によって中古車市場における売却額や下取り額が低くなった損害のことで、事故で破損した部位や修理の程度によって変動することもありますが、事故前の市場価格と修理後の査定価格との差を用いる減価方式、事故時の価格の一定割合を損害とみなす時価基準方式、修理費の一定割合を損害とみなす修理費基準方式等によって算出します。

車体の本質的部位に重大な損壊が生じた場合などでは全損扱いとなり損害賠償額は事故直前の評価額から事故後のスクラップ価格を差し引いて算出し、新車の場合には購入価格も考慮に入れた評価額となります。代車使用料は代替となる交通機関や手段がなく修理や買い替えのために車が使用できない場合、一般的に1週間から2週間程度被害車両と同クラスのレンタカーの使用料が支払われるものですが被害者の過失割合が0である場合のみ認める保険会社が多いようです。

なお消極損害である休業損害は事故による店舗の破損や、被害車両が営業車である場合においてその修理期間中や買い替え期間中の損害のことで、損害額は一日あたりの営業収益から経費を差引いたものに休業日数を乗じて算出します。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.