弁護士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

弁護士基準(べんごしきじゅん)

弁護士基準とは、交通事故による死亡や傷害に対する保険金額を裁判所の判断や判例などを参考にした基準で算出することを指します。

基本的には通称「赤本」と呼ばれる東京三弁護士会交通事故処理委員会が公表している「民事交通事故訴訟・損害賠償算定基準」、日弁連交通事故相談センターの「青本」と呼ばれる「交通事故損害額算定基準」とがあり、これらの基準によって慰謝料などの損害賠償額を算出しますが、自賠責基準や任意保険基準より高い基準となっています。

事故の加害者が加入している任意保険会社はあくまでも営利が目的であるため、自賠責基準に限りなく近い任意保険基準で算出した少ない保険金で示談しようとします。しかし客観的にみて保険会社が提示する保険金の額は被害者や遺族の神経を逆なでするような金額であることが往々にしてあり、その内容に納得できない場合は訴訟を起こし被害者や遺族が正当だと考える保険金の支払を求める必要があります。

被害者の過失の少ない死亡・後遺障害事故に関しては訴訟を起こし裁判所の判断に委ねる方が保険会社の提示する保険金の額より高くなるケースが多いようです。

一生に一度遭遇するかどうかという交通事故では平常心を保つ方が困難であり、まして後遺障害が残るほどの傷害を受ければ心も折れてしまいます。死亡事故についても同様、遺族は何をどう進めれば良いのか途方にくれ、十分内容について考えることもせずに保険会社に促されるまま示談書に押印してしまうことも考えられます。

交通事故の示談については押印する前に、交通事故事案に特化した業務を展開している弁護士や行政書士が数多くいますので、それらプロに相談し正当な権利を主張することが大事です。ただ交通事故に関する民事訴訟を行う場合代理人になる資格を有しているのは弁護士のみで、行政書士は様々な相談・交通事故原因の調査・交通事故発生状況報告書や損害賠償額の算定及び請求書或いは後遺障害異議申立書などの書類作成・保険金の代理請求など示談における被害者のサポートが主な業務となります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.