弁護士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

嫡出(ちゃくしゅつ)

嫡出とは、法律上婚姻関係にある男女間における出生を指します。このように有効な婚姻関係にある男女を父母として生まれた子を嫡出子とよび推定を受ける嫡出子と推定を受けない嫡出子とに区別されます。

妻が婚姻中に懐胎した子は夫の子と推定され、婚姻の成立の日から200日を経過した後又は婚姻の解消若しくは取消の日から300日以内に生まれた子は婚姻中に懐胎したものと推定する(民法第772条)とされる推定嫡出子、しかし婚姻成立の日から200日以内に生まれた子であっても、現在戸籍上においては婚姻成立後に生まれた子である限り嫡出子としての身分が付与されることとなっています。

また、嫡出の推定はあくまでも法律上の推定で事実上の推定ではないところから、その子が夫の子でないという事実があるなら夫は子が嫡出であることを否認することができます。この嫡出の否認は子または親権を行う母に対する嫡出否認の訴えによって行いますが、親権を行う母がいないとき家庭裁判所は特別代理人を選任することになります。

この嫡出否認の訴えは夫が子の出生を知った時から1年以内に提起しなければならない(民法第777条)とされています、しかし夫が子の出生を知った時を夫が妻の出産を知った時と解釈するなら、自分の子だと思っていた子が実は妻が他の男性との間に作った子であったことが出産後1年を過ぎて判明した場合には、もはや嫡出の否認の訴えができないことになり、いかにも不合理であると考えられ嫡出子でないことを夫が知らなかったことについて故意又は重大な過失がない限り、夫が嫡出否認の原因を知った時と解釈されています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.