弁護士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

養子縁組(ようしえんぐみ)

養子縁組とは、血縁関係のない者との間に法律上の親子関係を生じさせる手続を指します。

養子縁組によって生じる親子関係でその親を養親、子を養子と呼び、女子の場合は養女と呼ばれることもあります。

一般的な養子縁組の成立要件としては、

1.当事者間に縁組をする意思の相違がないこと
2.養親となる者が成年に達していること
3.養子となる者が養親となる者の尊属又は年長者でないこと
4.養子となる者が養親となる者の嫡出子又は養子でないこと
5.自己又は配偶者の直系卑属を養子とする場合を除いて未成年者を養子とするときは家庭裁判所の許可を得る必要がありその許可を得ていること
6.後見人が被後見人(未成年後見人・成年後見人)を養子とする場合家庭裁判所の許可を得ていること
7.配偶者のある者が配偶者の嫡出子を養子とする場合を除き未成年者を養子とするには配偶者と共にすること
8.配偶者のある者が縁組をするときはその配偶者の同意を得ること

となっており、養親になる者及び養子になる者がその本籍地又は住所地の市区町村役場に証人2人(成年に達している者)の署名・押印のある養子縁組届、戸籍謄本又は戸籍全部事項証明書(養親と養子のもの各1通)、必要な場合は家庭裁判所の許可証、養親・養子(15歳未満のときは法定代理人)双方の印鑑を持参して届出を行います。

養子縁組はこの届出が受理された日から法律の効力が生じ、養子は養親の嫡出子の身分を取得し養親の氏(姓)を名乗ることになります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.