弁護士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

セクハラ

セクハラとは、相手の意に反する性的な言動でそれに対する対応によって労働条件に一定の不利益を受け、就業環境が害されるものを指します。

「sexual harassment性的嫌がらせ」の略語として広く使われ、多様な用いられ方をしているようです。

職場におけるセクハラについては、男女雇用機会均等法(正式名称は、雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律)第2節事業主の講ずべき措置、第11条に事業主は職場において行われる性的な言動に対するその雇用する労働者の対応により当該労働者がその労働条件につき不利益を受け、又は当該性的な言動により当該労働者の就業環境が害されることのないよう、当該労働者からの相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備その他の雇用管理上必要な措置を講じなければならないと定められ、性的な言動については文字通り性的な内容の発言や行動のことであると規定されています。

又特定の労働者に向けられた言動でなくとも他の労働者間の聞くに堪えない猥談や意図的に性的な連想を起こさせる言動についても性的言動の範疇に入るとされています。

指針では性的な言動に対する拒絶等を理由に労働条件に不利益な扱い(解雇・降格・減給など)を受ける場合を対価型セクシャルハラスメント、意に反する性的な言動により就業環境が悪化し、能力の発揮に支障が生じるなどの場合を環境型セクシャルハラスメントと定義しています。

ただ性に対する考え方や感じ方には男女を問わず著しく個人差があり、軽い気持ちで発した言葉が相手を大きく傷つけることも考えられます。職場では上司や事業主から立場的に拒否しづらい部下に対するセクハラが大半を占めており、人の上に立つ者にこそ相手を尊重する人間としてのモラルが求められます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.