弁護士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

保釈(ほしゃく)

保釈とは、拘置所や警察署に勾留されている被告人に対し保証金の納付を条件に勾留の執行を一旦停止し、一時的に身柄拘束を解くことを決定する制度のことです。

保釈の請求があったときは

1.被告人が死刑又は無期若しくは短期一年以上の懲役若しくは禁錮に当たる罪を犯したものであるとき

2.被告人が前に死刑又は無期若しくは長期十年を超える懲役若しくは禁錮に当たる罪につき有罪の宣告を受けたことがあるとき

3.被告人が常習として長期三年以上の懲役又は禁錮に当たる罪を犯したものであるとき

4.被告人が罪証を隠滅すると疑うに足りる相当な理由があるとき

5.被告人が、被害者その他事件の審判に必要な知識を有すると認められる者若しくはその親族の身体若しくは財産に害を加え又はこれらの者を畏怖させる行為をすると疑うに足りる相当な理由があるとき

6.被告人の氏名又は住居が分からないとき、を除いてこれを許さなければならない(刑事訴訟法第89条)

とされ、その保釈を許す場合、犯罪の性質及び情状、証拠の証明力並びに被告人の性格及び資産を考慮して、被告人の出頭を保証するに足りる相当な金額を保釈の保証金として定め、被告人の住居を制限しその他適当と認める条件をつけることができます(刑事訴訟法第93条)。

又保釈の決定は保証金の納付があった後でなければ執行することができず、保証金は保釈請求者でない者が納付することや、有価証券又は裁判所の適当と認める被告人以外の差し出した保証書で保証金に代えることも許されるとされています。

ただ召喚を受け正当な理由がなく出頭しないときや裁判所の定めた条件に違反した場合など5項目に該当する場合は保釈又は勾留の執行停止を取り消すことができるとしており、取消があれば保証金の全部又は一部について没取されることになります。ちなみに、保釈は起訴された被告人についてのみ認められる制度で、公訴が提起されていない被疑者について保釈の制度はありません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.