弁護士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

法曹(ほうそう)

法曹(ほうそう)とは、広い意味では「法律を扱う専門職としてその実務に携わる者」を指しますが、一般的には弁護士、裁判官及び検察官を総称する用語です。

また、この3つの職は「法曹三者」と呼ばれることもあり、それぞれの職務は次のようになります。

1 弁護士(関係法令:弁護士法)
主には、裁判所の法廷で代理人(民事・行政裁判)や弁護人(刑事裁判)を務めますが、それ以外の一般的な法律事務も行います。

2 裁判官(関係法令:裁判所法)
裁判所で裁判を行い、判決を下します。身分は国家公務員ですが、司法権を守るため全ての権力から独立しています。

3 検察官(関係法令:検察庁法)
刑事事件(犯罪)を捜査して起訴するかどうかを判断し、起訴と決定した場合は被疑者を刑事裁判にかける権限を持ちます。身分は国家公務員ですが、職務の性格から裁判官に準じた扱いになっています。

法曹になるためには、まず国家試験の司法試験又は新司法試験に合格することが大前提ですが、合格後はどの職を志望する場合でも司法修習生として司法研修所(最高裁判所の附属機関)で一定期間の司法修習を受けることになります。

司法修習期間終了後には司法修習考試(国家試験)が待っており、これに合格した者だけが修習終了とされ、この時点でやっと志望した職に就くための資格を得たことになります。

その後、自分が志望する職になるための具体的な手続きを行うことになりますが、ここからはそれぞれの職によって異なります。

なお、国家試験に合格して法律の実務を専門にしている司法書士、行政書士等は法曹と区別する形で「準法曹」と呼ばれる場合があります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.