弁護士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

法学部(ほうがくぶ)

法学部とは大学の学部の一つで、主に法律学を学生に教えるとともに研究対象にしている教育・研究機関です。

法律学は法学とも呼ばれ、「法解釈学」、「法哲学」、「法社会学」、「法史学」、「比較法学」などの法に関する学問ですが、狭い意味ではその中の「法解釈学」を指すようです。

学生は一般教養を学びながら、専門科目の一例としては「基本六法」と呼ばれる憲法・民法・商法・刑法・民事訴訟法・刑事訴訟法を始めとした様々な法律を「それぞれの条文が実際の社会で持つ意味」、「条文の意味をどのように解釈しどのように使うべきか」などの観点から研究していきます。

その他、法医学や法制の歴史、外国の法律等の科目もありますが、大学によって必須科目や選択必須科目、選択科目が異なります。

また、大学によっては経済法学科、経営法学科、国際関係法学科など、法の分野に特化した学科も設置されています。

法学部卒業後の進路は、司法試験に合格して法曹界(ほうそうかい)に入るだけでなく、その法律に関する知識を活用して国家公務員や地方公務員、一般企業等の幅広い分野に亘っています。

なお、従来の法学部が行ってきた「学問としての法律」ではなく「実務としての法律」を扱う専門職を育成するニーズが急速に高まったため、国の施策により平成16年4月から新たに法科大学院が設置できることになり、平成21年3月現在で国公私立合わせて74校が設置されています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.