弁護士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

司法試験に合格した場合、他の国家資格受験が有利になるのでしょうか

新司法試験では公法系科目(憲法及び行政法に関する分野の科目)、民事系科目(民法、商法及び民事訴訟法に関する分野の科目)、刑事系科目(刑法及び刑事訴訟法に関する分野の科目)、選択科目(倒産法・租税法・経済法・知的財産法・労働法・環境法・国際関係法(公法系)・国際関係法(私法系)のうち受験者のあらかじめ選択する1科目)の4科目についてその知識が問われ、幅広い法律の知識が必要とされています。

他の国家資格に関してもそれぞれの資格に必要な法律知識があり、司法試験同様法務省が所管する司法書士試験では憲法、民法、商法及び商法に関する知識、供託及び訴訟に関する知識などが問われます。

社会保険労務士の場合は労働基準法、雇用保険法、労働安全衛生法などの知識が問われます。

司法試験に合格した場合その有する法律知識は相当広範囲であると考えられ、他の国家資格を受験するにあたってはその法律知識が大いに役立ちます。

また、司法試験に合格し司法修習を終了すれば判事補・検事・弁護士となる資格を取得することができますが、進路を判事補・検事・弁護士に限定する必要はなく、他の国家資格のうち行政書士、税理士、弁理士としての業務を望む場合は、それぞれに定められている登録をすれば業務を行うことができます。

法曹資格があれば、改めてこれらの試験を受け合格する必要はないのです。ちなみに逆パターンはなく、分野は別ですが医師国家試験やこの司法試験が最難関の試験であるといわれています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.