弁護士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

司法試験の勉強は独学でも大丈夫でしょうか

独学で合格できない資格試験は、医師の国家試験のように余程特別な知識や技術が必要とされる資格試験を除けばそれほど多くありません。

税理士、司法書士、或いは行政書士などに関しては学習を継続する強い意思と努力を惜しまなければ独学で資格を取得できる可能性が高い資格といえます。

しかし、新司法試験では受験資格を得るために司法試験予備試験に合格する必要があり、予備試験に合格してはじめて新司法試験に挑戦することができるため、他の資格試験と比べるとはるかに高いモチベーションの維持と時間を必要とします。

また、法律の単なる暗記で正答にたどりつけるような簡単な試験ではないため、蓄積した法律知識を適正に用いる方法などに関しては独学では限界があるかもしれません。

新司法試験を受けるためにロースクール(法科大学院)に入学する法学既習者でさえ、最短で2年間かけて課程を修了します。

ましてや、法律に関して初心者であれば法律に慣れることから始める必要があるでしょう。

法律の基礎的な知識がない全くの初心者が独学で合格のレベルに達することが無謀な挑戦だとは言い切れませんが、独学で限界を感じつつ何年もの時間を費やすのであれば司法試験予備校で問題が解ける学力をつけることに主眼をおいて、集中的に勉強するのが無駄のない方法かもしれません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.