弁護士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

司法試験の勉強は専門学校・予備校に通学する必要があるのでしょうか

司法試験の受験資格を取得するためにはロースクール(法科大学院)を修了するか、司法試験予備試験を受験し合格する必要があります。

ロースクール(法科大学院)を経ずに司法試験予備試験合格を経て司法試験合格を目指すには、専門学校・予備校に通学するのが合格できる実力をつける最短の方法だといわれています。

資格予備校では通学のほかにインターネットやDVDなど、通学生が受ける講義と同じような臨場感ある教材で勉強できる在宅講座も設けられていますが、良好な学習環境を確保できないなどの場合は在宅学習の継続そのものが不可能となってしまいます。

一方、通学で勉強する場合は講義の時間が予め決められているなどの制約がありますが、欠席せざるを得ない事情で受講できなかった講義については、講義を収録したDVDや配信されたインターネット講座を予備校内のブースなどで視聴することができるように配慮している予備校もあり、自身のペースに合わせて欠席した講義を視聴し遅れを取り戻すことができます。

また、予備校によっては通学であってもライブの受講はせず、ビデオやパソコンなどで学習するクラスもあり、希望の曜日や時間帯に講義が設定されていない場合などに利用されています。

また、予習や復習のために良好な学習環境を提供するため自習室を備えている予備校も多いようです。

通学受講のメリットは他にも講師の講義を直接聴き講義終了後には直接講師に質問できること、学習上の疑問点についてはすぐに相談できることなどが挙げられ、何よりも受講者全員が同じ目標に向かって努力しているという点でお互いに切磋琢磨できることも大きなポイントかもしれません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.