弁護士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

弁護士と司法書士の違いは何でしょうか

司法書士は、司法書士法に基づき他人の依頼を受けて登記に関する書類の作成と手続の代理、供託に関する書類の作成と手続の代理、裁判所・検察庁・法務局又は地方法務局に提出する書類の作成等の業務を行います。

また、認定司法書士のみに許された業務として簡易裁判所における民事訴訟法の規定による手続き、和解の手続き又は支払督促の手続き、訴えの提起前における証拠保全手続き又は民事保全法の規定による手続き、民事調停法の規定による手続き、民事執行法の規定による少額訴訟債権執行の手続きなどについてその訴訟の目的額、請求の目的額、調停を求める事項の価額が140万円(少額訴訟については60万円)を超えないものについての代理、民事に関する紛争(簡易裁判所における民事訴訟法の規定による訴訟手続きの対象となるものに限る)であって紛争の目的の価額が140万円を超えないものについて相談又は仲裁事件の手続き若しくは裁判外の和解についての代理。

筆界特定の手続きであって法務省令で定める方法や割合などから算出された金額が140万円を超えないものについて相談又は代理することなどがあります。

ただし、簡易裁判所の手続であっても民事訴訟法の規定による手続ではないものについては、弁護士法第72条「報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない」に抵触するため業務として行うことはできません。

また、弁護士であれば試験に合格する必要がなく登録さえすればその業務に従事できる国家資格が多々ありますが、司法書士に関しては弁護士資格を有しているだけでその資格を得ることはできないため、弁護士であっても司法書士業務を行うためには司法書士試験に合格し司法書士登録をする必要があります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.