弁護士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

司法試験と司法書士試験の難易度はどれくらい違うのでしょうか

まず、司法書士試験の受験資格に条件はなくだれでも受験できます。

司法試験は、平成23年度で廃止される旧司法試験の場合で司法試験第一次試験に合格していること、新司法試験ではロースクール(法科大学院)修了或…

»詳細を見る

司法試験と行政書士試験の難易度はどれくらい違うのでしょうか

行政書士試験を受験するための資格条件はなく誰でも受験できます。

司法試験は、平成23年度で廃止される旧司法試験の場合で司法試験第一次試験に合格していること、新司法試験ではロースクール(法科大学院)修了或…

»詳細を見る

司法試験と社会保険労務士試験の難易度はどれくらい違うのでしょうか

司法試験・社会保険労務士試験ともに、受験するにあたっては受験資格が設けられています。

司法試験はロースクール(法科大学院)修了或いは司法試験予備試験に合格していることが受験資格となっています。

»詳細を見る

司法試験と弁理士試験の難易度はどれくらい違うのでしょうか

経済産業省の外局である特許庁が実施する弁理士試験の受験資格に、年齢制限、国籍、学歴制限等は一切なくだれでも受験できます。

平成12年度試験以前は本試験の受験に大学卒業以上との制限が設けられ、大学卒業以外…

»詳細を見る

司法試験と税理士試験の難易度はどれくらい違うのでしょうか

財務省の外局である国税庁が実施する税理士試験には、受験資格が設けられています。

その主な受験資格は、(1)学識による受験資格、(2)資格による受験資格、(3)職歴による受験資格、(4)認定による受験資格など…

»詳細を見る

司法試験と国家公務員採用試験の難易度はどれくらい違うのでしょうか

人事院が実施する国家公務員採用試験には、大学卒業程度が受験資格とされる国家公務員採用Ⅰ種試験、国税専門官採用試験、労働基準監督官採用試験、国家公務員採用Ⅱ種試験、法務教官採用試験、航空管制官採用試験。

»詳細を見る

弁護士と弁理士の違いは何でしょうか

弁護士は、法律のスペシャリストとして社会生活において発生する「事件」や「紛争」について適切な予防や対処また解決の方法をアドバイスする役割を持ち、法廷活動、紛争予防活動、人権擁護活動、立法や制度の運用改善…

»詳細を見る

弁護士と司法書士の違いは何でしょうか

司法書士は、司法書士法に基づき他人の依頼を受けて登記に関する書類の作成と手続の代理、供託に関する書類の作成と手続の代理、裁判所・検察庁・法務局又は地方法務局に提出する書類の作成等の業務を行います。

»詳細を見る
スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.