弁護士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

資格取得後すぐに開業する場合、どのように進めるとよいでしょうか

まず、事務所としての適格性を有した場所が必要で自宅を事務所として登録することもできますが、賃貸の場合には事務所として使用する旨の承諾を貸主から得る必要があります。

また公営住宅などでは住宅の管理者か…

»詳細を見る

開業資金としては、いくら位準備する必要があるのでしょうか

勤務弁護士やイソ弁を経て法律事務所を開業する人は別として、司法修習終了後すぐに開業する(即時・早期独立弁護士)ためには、まず弁護士登録をする必要があります。

そのため、司法修習中に各弁護士会が申請を…

»詳細を見る

開業するためには、事務所を新たに準備する必要があるのでしょうか

自宅を事務所として登録し業務を続けている人がいることを考慮すれば、事務所を準備することは開業のための絶対条件ではありません。

事務所を準備する場合一時的に必要な資金として相談を受けるスペースと執務ス…

»詳細を見る

平日は会社勤めをし、副業として週末に弁護士として働くことは可能でしょうか

裁判所の休日に関する法律には、第1条で裁判所の休日として裁判所の執務は原則として行わないとされている日があります。

一.日曜日及び土曜日、二.国民の祝日に関する法律に規定する休日、三.12月29日から翌年の1月3日まで…

»詳細を見る
スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.