弁護士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

弁護士の年収はいくら位でしょうか

法律事務所を開業して弁護士業務を行う、勤務弁護士として業務を行うなどその業務形態によって年収もさまざまですが、弁護士全体の平均年収は700万円程度といわれています。

自営の弁護士で大手企業や中堅企業を多く…

»詳細を見る

弁護士の業務だけで生計を立てるのは難しいのでしょうか

弁護士が業務を行うにあたっては実に様々な形態があり、法律事務所を自ら経営する自営弁護士、他人が経営する法律事務所に雇用される勤務弁護士、或いは他人が経営する法律事務所において独立採算方式で業務を行ういわ…

»詳細を見る

弁護士事務所に就職するのは難しいのでしょうか

例年、司法修習終了後200人前後(定員により変動あり)が国家公務員である判事補又は検察官となり、それ以外の2,000人前後の人は弁護士登録を行い弁護士としての道を歩むことになります。

弁護士としての業務を行う資格が…

»詳細を見る

弁護士事務所に就職した場合、給料はどのくらいでしょうか

司法修習を終えてすぐに弁護士事務所に就職する新卒弁護士の年俸(給与・賞与)について、日弁連(日本弁護士連合会)のアンケートによりますと、2006年は「600~700万」と回答した事務所が59.62%と最も多く、「500~599万」が14.56%、「400~499万」が5.37%で…

»詳細を見る

弁護士として企業に就職するのは難しいのでしょうか

近年、企業においては司法制度改革の理念である法の支配の拡充発展という観点等から法曹有資格者が企業法務分野の充実・強化、或いはコンプライアンスの徹底、適切なコーポレートガバナンスの実現など企業活動を促進す…

»詳細を見る

弁護士として任期付公務員になるのは難しいのでしょうか

中央省庁や地方公共団体が任期を定めて採用する専門的な知識や経験又は優れた見識を持つと判断される行政外部の人材の事を指しますが、弁護士で任期付公務員として採用されるためには、概ね4年~6年程度の弁護士経験が必…

»詳細を見る

弁護士として任期付公務員になった場合、給料はどのくらいでしょうか

中央省庁においては2000(平成12)年から「一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する法律」、地方公共団体においては2002(平成14)年から「地方公共団体の一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する法律」が施行され…

»詳細を見る
スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.