弁護士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

資格を取得した人は、全員が弁護士になるのでしょうか

司法試験に合格し1年間の司法修習の最後に行われる司法修習生考試(二回試験)に合格すれば、判事補・検事・弁護士となる資格を取得することができます。

合格後弁護士登録を行って弁護士として活躍する人、判事補…

»詳細を見る

資格を取得後、弁護士にならない人はどのようにその資格を生かすことができるのですか

司法修習が終了し弁護士登録を行う人は弁護士として活躍しますが、司法修習中に予め判事補採用願を最高裁判所長官に提出した人は司法修習終了後に採用不採用が伝えられ、採用されれば判事補として、裁判所で勤務するこ…

»詳細を見る

資格を取得さえすれば、弁護士と名乗ることができるのですか

司法試験合格後に司法修習を受け司法修習の最後に行われる司法修習生考試(二回試験)に合格すれば、法曹としての資格を取得しますが、資格を取得するだけでは弁護士になることができません。

「弁護士になるには…

»詳細を見る

資格を取得した後、開業する人は多いのですか

法曹資格を取得した人は判事補・検事・弁護士となることができますが、司法修習期間中に判事補を志望する人は最高裁判所長官あてに「判事補採用願」で出願し司法修習終了後に採用不採用が伝えられます。

検事を志…

»詳細を見る

開業しなければ弁護士業務を行うことはできないのですか

弁護士業務を行うためには司法試験に合格し、司法修習を受け司法修習の最後に行われる司法修習生考試(二回試験)に合格した後、日弁連(日本弁護士連合会)に備えられている弁護士名簿に登録されれば、弁護士業務を行…

»詳細を見る
スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.