弁護士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

非訟事件(ひしょうじけん)

非訟事件(ひしょうじけん)とは、訴訟(そしょう)事件に対立する概念の民事事件のことで、民事非訟事件ともいわれます。

訴訟事件が、双方の当事者(原告と被告)が対立し、公開の口頭弁論等の審理形式によって…

»詳細を見る

民事事件(みんじじけん)

民事事件とは、個人と個人の間や、個人と会社等の間に生じた利害の衝突や紛争などの法的なトラブルに関する事件のことです。

具体的には、財産に関する紛争(土地や建物の権利をめぐるトラブル、借金返済に関する…

»詳細を見る

家事事件(かじじけん)

家事事件とは、家庭内や親族間で起きた家庭内紛争に関する事件のことです。

家事事件の裁判の手続等については家事審判法(以下「法」といいます)に定められており、家庭裁判所が管轄しています。

さらに、…

»詳細を見る

少年事件(しょうねんじけん)

少年事件とは、満20歳に満たない者が犯した事件のことです。

少年の定義は、「満20歳に満たない者」(少年法第2条第1項(以下「法」といいます。))と定義されており、少年事件でいう「少年」には、女子も含んでいます…

»詳細を見る

口頭弁論(こうとうべんろん)

口頭弁論(こうとうべんろん)とは民事訴訟の裁判に関する手続のひとつで、原告、被告双方の当事者又は訴訟代理人が、公開された法廷において争いの内容に関する意見や主張を裁判官の前で述べ合う行為のことです。

»詳細を見る

評議(ひょうぎ)

評議(ひょうぎ)とは、一般的には「意見を交わして相談すること」を指しますが、法律関連の用語としては、「合議体として一定の事項を判断して決めるために、その構成員が意見を交換して相談すること」をいいます。

»詳細を見る

審判(しんぱん)

審判(しんぱん)とは、一般的には、ある問題について判断権を有する者が、その問題を検討して結論を出すという意味ですが、裁判関係用語としては、裁判の一種としての名称で、裁判所が家庭事件や少年事件等について審…

»詳細を見る

判例違反(はんれいいはん)

判例違反とは、裁判において過去の判例と異なる判決が下されることです。

判例とは、広い意味では「過去に裁判所によって判断された判決、決定、命令」のことを指しますが、厳密には「裁判の先例に基づいた一定の…

»詳細を見る

再審(さいしん)

再審(さいしん)とは、裁判で確定した判決の取り消しと事件の再審理を求める申し立て、手続、審判のことをいいます。

再審は重大な理由がある場合にだけ認められ、その手続きについては民事訴訟法、刑事訴訟法に…

»詳細を見る

原判決(げんはんけつ)

原判決とは、現在審理中の裁判の一つ前の段階の裁判で下された判決のことです。

日本の裁判制度は三審制で、最初の裁判(第一審)の判決に不服がある時は、上級の裁判所に控訴または上告できることになっています…

»詳細を見る

履行勧告(りこうかんこく)

履行勧告(りこうかんこく)とは、家事事件の調停や審判などで家庭裁判所が決めた取り決めを守らない人に対して、家庭裁判所が義務を実行するように説得や勧告する制度です。

履行勧告は、権利者からの申し出によ…

»詳細を見る
スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.