弁護士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

過払い/過払い金(かばらいきん)

過払い金とは、債務者が利息制限法を超える金利を支払っていた場合に利息制限法の適正利率で計算し、適正な元利金を超えて支払いすぎたとみなされる金額のことを指します。

貸金業者の多くはこの利息制限法によら…

»詳細を見る

過払い請求/過払い金返還請求(かばらいせいきゅう)

過払い請求とは、債務者が利息制限法に定める上限を超えた設定金利により支払った元利金について、利息制限法で引きなおし任意で支払う必要のない金額を算出し、支払った金額との差額の返還を請求することを指します。…

»詳細を見る

借金(しゃっきん)

借金とは、表記の通りお金を借りることで会社や個人が金利を得ることを目的としている金融機関からローンやキャッシングと呼ばれる融資を受けることを指しています。

借りる側を債務者貸す側を債権者といい、事業…

»詳細を見る

多重債務(たじゅうさいむ)

多重債務とは、複数の業者や個人から借金をしている事を指します。

現在貸金業者を利用している人は1400万人を超えるといわれており、その内200万人を超える人が多重債務者になっているといわれています。担保や保証人が…

»詳細を見る

督促・支払督促(とくそく・しはらいとくそく)

督促・支払督促とは、督促は普通徴収によって納税者に送付した納税通知書の税額が所定の納期限を過ぎても完納されない場合、納付の催告と同時に差押えなど滞納処分の前提要件として督促状によって行われる手続を指しま…

»詳細を見る

利息制限法(りそくせいげんほう)

利息制限法とは、貸金契約の利息について利率の最高限度(制限利率)を定め、これを超える利息の契約を無効とすることによって借り手の保護を目的とした法律を指します。

利息制限法の金利の上限は10万円未満については…

»詳細を見る

債務整理(さいむせいり)

債務整理とは、多重債務や失職で収入が無くなるなど借金の返済ができなくなった場合法的手続きや債権者との交渉などの方法によって債務額の圧縮、支払い方法の変更を行うことを指します。

債務整理には自己破産・…

»詳細を見る

自己破産(じこはさん)

自己破産とは、借金のある人が経済的に破綻し債務の返済が不可能になった場合、破産法に基づいて行われる財産清算手続きのうち債務者自身が裁判所に申し立てることを指します。

債務整理には様々な方法があります…

»詳細を見る

破産宣告(はさんせんこく)

破産宣告とは、債務者が支払い不能であることを裁判所に申立て破産手続きの開始が決定されることを指します。

平成16年の法改正で破産手続開始決定と名称が変更され現在破産宣告という呼び方はしていません。まず住…

»詳細を見る

任意整理(にんいせいり)

任意整理とは、裁判所を介さず債権者と個別に交渉し債務の引き下げや返済方法について和解の成立を目指す債務整理の方法を指します。

直接債権者(貸金業者)と交渉するため法的な知識や交渉能力が求められますので代…

»詳細を見る

民事再生(みんじさいせい)

民事再生とは、民事再生法に基づいて行われる会社及び個人を対象とする再建型の倒産手続を指します。

民事再生法第21条には債務者に破産手続開始の原因となる事実の生ずるおそれがあるとき、又は債務者が事業の継続…

»詳細を見る

個人再生・個人版民事再生(こじんさいせい・こじんばんみんじさいせい)

個人再生とは、通常の民事再生手続を簡素化した小規模個人再生と給与所得者等再生の手続を指します。

個人債務者の再生を図るために民事再生法の一部が改正され2001(平成13)年4月1日から施行されています。

小規模個人…

»詳細を見る

差押え(さしおさえ)

差押えとは、債務者の特定の財産について法律上又は事実上の処分を禁止し換価(お金に換えること)できる状態におくための手続を指します。

広い意味では定められた目的を達する準備として特定の財産などを強制的に拘…

»詳細を見る

特定調停(とくていちょうてい)

特定調停とは、債務があり支払不能に陥るおそれのある人が債権者を相手方として、今後も支払をしていくことを前提に返済方法等の利害関係を調整するため、調停委員のもとで話し合い合意を目指すことを指します。

»詳細を見る
スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.